ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点


オンラインショップ特典▶▶ 合計3,000円以上で送料無料 / 会員登録でいつでもポイント5%付与(限定品は10%)

【消費税率改正に伴う料金変更のお知らせ】


 
  • 新規会員登録
  • ショッピングガイド
  • フリーズドライとは?
営業日カレンダー
が定休日です。




  • メルマガ登録
  • スタッフブログ
  • レビューを書く
  • cookpad
  • フリーズドライの仕組みを大公開!
  • 業務用商品
  • 知る楽しむコンテンツ
    ・フリーズドライとは?
    ・安全、安心への取り組みなど
 

フリーズドライとエアードライの違い

アスザックフーズの商品には大きく分けて
「エアードライ(熱風乾燥)」と「フリーズドライ(真空凍結乾燥)」の2種類があります。
それぞれの違いについて紹介します。

重ければ量が多い?

重ければ重いほど量が多い、と思ってしまいがちですが、乾燥食品の場合はそうとも言い切れません。
一般的に乾燥させることにより、食品の水分が減り軽くなります。
野菜の種類によって若干異なりますが、乾燥することにより、生野菜の状態から比べ約7〜10分の1の重量になります。

画像

さまざまな状態のほうれん草を3gずつお皿に乗せて比較してみました。
冷凍品は生のほうれん草をゆでたため生鮮品より水分が多く、一番かさが少なく見えます。
同じ乾燥品ですが、フリーズドライとエアードライも製造方法の違いによりかさが異なっています。

エアードライとフリーズドライの見た目・食感の違い

同じ乾燥品でも、エアードライとフリーズドライでは見た目やかさが異なります。
ほうれん草を同じサイズのお椀に入れて比較してみました。見た目の量と重さが違うのがお分かりいただけるかと思います。
乾燥食品の場合、グラム数が多ければ量も多いとは限りません。
同じ素材であっても、縮んで乾燥するか、形を保って乾燥するか、どのくらい水分量が減るかによって「かさ」が異なります。また、エアードライした素材がそのままでは硬いのに対し、フリーズドライはそのままでもふわふわした状態になっています。 なぜ同じ「乾燥」なのに違いがあるのでしょうか?その秘密は製造工程の違いにあります。

画像

エアードライとフリーズドライの製造工程の違い

画像

フリーズドライと、エアードライ。どちらの製法も原料を調理し乾燥させます。大きな違いは乾燥方法にあります。フリーズドライでは、水分が「昇華」し、エアードライでは水分は「蒸発」します。
それぞれについてもう少し詳しくみていきましょう。

▼フリーズドライの乾燥方法

画像

▼エアードライの乾燥方法

画像

フリーズドライでは、小さな穴が素材のあちこちに開いているため、お湯を注ぐと1分程度で復元します。エアードライはフリーズドライよりも復元するまでに時間がかかりますが、キャベツなどの葉野菜は、歯ごたえが良く食感が楽しめます。お客さまの用途によってどの乾燥法の製品をお使いいただくかお選びください。

調理方法

スープやみそ汁の具材の他、炒め物やデザートなどいろいろな料理にお使いいただけます。
おすすめの調理方法はfacebookブログで紹介しています。

その他の知るコンテンツ

お問い合わせ

TEL

0120-817-014

平日9時〜17時 定休日:土日祝

ご注文

TEL

0120-333-265

平日9時〜17時 定休日:土日祝

FAX

026-248-4536

24時間受け付け[注文用紙はこちら]

サイト内の画像はイメージ画像です。 © アスザックフーズオンラインショップ Chef'sTable all rights reserved.